イベント・活動紹介

日本でもK‐スマイルを実践しています!日韓フェスタ2017 in Tokyo     毎年交代で開かれている日韓文化交流行事、 「日韓交流フェスタ2017 in Tokyo」が 9月23日から24日にかけて東京の日比谷公園で開かれました! どんな広報方法で訪れた人々の注目を 集めたのか一緒に見てみましょう! ブースが本格的に動き出す前に、開幕式の舞台に 日韓フェスタのために尽力した両国の関係者が登場し 挨拶と祝辞を述べ、雰囲気を引き立てました! 韓国側からは韓国訪問委員会のパク・サムグ委員長の開会宣言、 特別祝辞には2018平昌冬季オリンピック・冬季パラリンピックのイ・フイボム委員長、 そして開催地の江原道知事の特別祝辞がありました。^^ 2日間行われたこの行事には、歓迎文化の先頭を行く 大学生笑顔国家代表も一緒に参加しました〜! 行事の準備真っ最中の大学生笑顔国家代表のメンバーが、一生懸命テーブルを セッティングしてくれたおかげで、各種広報リーフレットと記念品で 訪ずれた人々を迎える準備を完了^^! ブースには「2018平昌冬季オリンピック・冬季パラリンピック」を コンセプトとしたスホランとバンダビのタトゥーステッカーとエコバッグづくり、 2018平昌冬季オリンピックの仮想VR体験、ルーレットイベントを準備しました! 会場にはたくさんのブースがありましたが、 世界的規模で開催されるメガイベントであるだけに みなさん一目で私達のブースを見つけてくれました! 訪れた人々の好奇心を刺激したルーレットイベント! K‐スマイルを積極的にアピールするために設けられたイベントでしたが、 どの記念品が当たるのか、見ている人もドキドキしました〜 ルーレット以外で人気が高かったタトゥーシール! オリンピックのマスコットであるスホランとバンダビは、日本でも ポピュラーです!来年は韓国の人気キャラクターである ポロロを越える人気キャラクターになるかも!?(笑) 子どもはもちろん、大人もスホランとバンダビと一緒に 写真を撮り楽しい思い出を作っていました〜。 一生懸命広報活動をしている大学生笑顔国家代表のメンバーを激励するため パク・サムグ委員長とハン・ギョンア事務局長がブースを訪問してくれました! みんなで記念撮影をし、楽しい時間を過ごしました^^ そして、今回の広報活動のハイライト! 「2018平昌冬季オリンピック」の成功を祈願するフラッシュモブも披露されました。 今回は特別に韓国国際交流財団と大学生笑顔国家代表の 合作で作られた公演です!公演のおかげで平昌が一歩近づいた感じです。 今回のイベントをきっかけに両国の交流がさらに広がるといいですね!
Date : 2017/09/29 | Views : 65
大学生笑顔国家代表17期発足式     これまでの5ヶ月間、大学生笑顔代表16期メンバーの活躍はすばらしかったですね。 このエネルギーを受け継ぎ、再び新しい出発をする 大学生笑顔代表17期メンバーの発足式がありました。 9月15~16日に行なわれた発足式はちょっと特別な場所、2018平昌冬季オリンピック・冬季パラリンピックが開催される江原道で行われました。 新たに任命された大学生笑顔国家代表17期メンバーの 最初の活動を見てみましょう! 発足式のハイライトはオリエンテーション!今後の活動を紹介し、新しいチームと初めて出会うドキドキする時間ですね! 今後5ヶ月間のスケジュールと、公式カフェとSNSを活用した オンラインコンテンツ制作について学ぶ時間を持ちました。 2018冬季オリンピック・冬季パラリンピックアーピルを積極的に行い 先頭に立つ大学生笑顔国家代表17期! 来年2月まで笑顔国家代表として、平昌オリンピックの成功を祈願し、親切と接待の意識拡散の先頭に立つという事です。 その意味を込めて、龍平リゾートの芝生広場でみんな揃って平昌オリンピック成功祈願フラッシュモブを行いました。初めて合わせてみたそうですが、呼吸もピッタリの素敵なフラッシュモブが披露されました。 大学生笑顔国家代表の必須項目!親切とスマイルですね。 江陵中央市場でK‐スマイルを実践するためのK‐スマイル教育と伝統市場の商人教育も受けたそうです。 もっと親切な韓国になるようにとの願いを込めて 親切の誓いとクイズを行い、市場の人たちと中身の濃い時間が持たれました。 初めてのオフライン活動でしたが、明るい笑顔で近づいてくる 姿にとても胸がいっぱいになりました。(笑) 微笑国家代表としての第一歩を踏み出したばかりの17期のメンバー、 今後、多くの場所で親切と接待を実践する様子が 今から期待されます。いつもK‐スマイル、 もっと親切な韓国になるよう応援してください! 大学生笑顔国家代表17期 ファイト〜!
Date : 2017/09/25 | Views : 76
韓国訪問委員会、2017ソウル国際トラベルマート(SITM)、 ウェルカムディナーと開幕イベントを開催     韓国訪問委員会とソウル市、韓国旅行業協会が共同で主催した韓国最大規模のトラベルマート! 2017ソウル国際トラベルマート(SITM)が9月12日と13日に行われました。 国内外を合わせ、なんと1200以上の観光業社が参加、大規模なコミュニケーションの場となりました。 また、2017SITMを記念する開幕式にも参加し、楽しいひと時を過ごしました!観光に従事する世界各国の人に出会えた意味深い時間でした。^^ 会場内で運用されたブースではいくつかの観光商品が紹介されましたが、ある観光高校ではハンドメイドのパンとクッキーを配り、広報していました。その他にも様々な広報ブースを見学し、韓国で広報にたずさわる多くの人に会えてとても良かったです。(笑) ここは韓国訪問委員会のブースで〜す! 2016‐2018韓国訪問の年とコリアツアーカード、K‐スマイル、ハンズフリーサービスなど、様々な主要事業を紹介しました。そしてもう一つ!28日から始まる韓国最大規模のショッピングフェスティバル!まもなく始まるフェスティバルのアピールに余念がありません。 夕方にはSITMの開幕を知らせる歓迎晩餐会に参加するのため、セビッソム(人工島)に移動しました。 セビッソムは三つの光で漢江を美しくライトアップするという意味を持っています。 穏やかな照明と漢江の調和がとても美しかったです!最近は涼しくなったので周りに外国人のお友達いる人はぜひおススメください! 1200人が参加した会場がものすごいですね? 韓国訪問委員会の主催なので、ハン・ギョンア事務局長も開幕式の晩餐会に参加し、挨拶しました ソウルは伝統と現代が絶妙に調和する魅力的な都市です! では、ソウルを訪れた外国人にぜひ行ってもらいたい場所はどこでしょうか? ソウル副市長をはじめとする19人の来賓が一同に舞台に上がり、ソウルのランドマークを紹介するオープニングパフォーマンスがありました! ソウルを代表する誇らしいランドマークとして、ソウルロ7017、Nソウルタワー、DDP、ロッテワールドタワー、広場市場、ドゥルレ道、漢陽都城、国立中央博物館、合計8ヶ所が紹介されました! また、美術とパフォーマンスを組み合わせたパフォーマンスを披露する「ペインターズHERO」の 祝賀公演も見学しました。カラフルな色とダイナミックな公演に目を奪われました! 二日間にわたり多くの観光事業の詳細に接し、主要事業をPRできた2017ソウル国際トラベルマート! さらに多くの外国人に韓国をアピールするためにいっそう頑張ります。 次のイベントにもお楽しみに!^
Date : 2017/09/20 | Views : 61
2016〜2018韓国訪問の年、 2017マレーシア国際観光展(MATTA)参加     全世界に「2016‐2018韓国訪問の年」をアピールするため 今回は2017マレーシア国際観光展(MATTA Fair)で 広報活動を行いました〜。 9月8日から9月10日までの3日間、多くの 地元の人々に韓国と韓国訪問の際に便利な コリアツアーカード、韓国訪問委員会の主要事業者を紹介する時間が持たれました! マレーシア国際観光展は、運営期間中 1000を超えるブースに約10万人が訪れる非常に大きな博覧会です。 多くの国が参加しており、それぞれ国ごとの 特色に合わせて準備された各国のブースを訪れてみましたが、 国ごとにそれぞれ違った印象を受けました〜。 韓国館内の韓国訪問委員会が運営するブースにも 多くの人が訪れてくれました。 多様な記念品と便利な情報が載っている リーフレットをもらうために積極的に質問をしたり、とても多くの 関心を示してくれて胸がいっぱいになりました〜。 韓国の伝統遊戯のユンノリも行われました。 ルールをすぐ理解してとても楽しんでいました〜。 見物していた通りすがりの人も 結局、参加するという事態まで起こりました! 外国人がこんなに伝統遊戯に関心を持ってくれた事に感謝しました。 この次はもっと色々な内容を準備したいと思いました! また、他のイベントとしてはクイズもありましたが、 「2016〜2018韓国訪問の年」について多くの人が知っていて 正解をどんどん当てていきました! 韓国の別のブースとしてソウル館も設けれましたが、今年5月にソウル路が開通し、多くの外国人観光客が訪れてくれたことで、新しいランドマークとして浮上しています! ソウルの有名な観光地とアクセスするソウル路、是非一度訪れてください。 多くの関心と参加により無事終えることができた 2017マレーシア国際観光展、 世界中のブースに加え、韓国をより広くアピールでき、 とても充実した時間でした〜。 これを機会に、今後もより多くの外国人が韓国を訪問してくれるよう期待します。
Date : 2017/09/12 | Views : 55
韓国訪問委員会SNSイベントのその後 全世界の人々が注目する「平昌」の観光地へ!     7月に行われた平昌G-200記念オンライン調査イベントを覚えていますか? その時、韓国人が選んだ観光地ランキングの第1位は「大関嶺の羊の群れ牧場」、外国人が選んだ1位は「アルペンシアスキージャンプ台」 でした! 調査で高い人気を集めた観光地を選び さらにリアルな平昌を紹介するため! 韓国訪問委員会のオンライン担当者が平昌の取材に行ってきました〜。 ソウルから車で3時間ほどで江原道の平昌に到着しました。 平昌に到着するないなやお腹が空く時間! 花より団子!ですからね〜。 本格的な取材に先立ち、江原道で有名な「ゴンドゥレ定食」を食べました〜。 旅では地元の郷土料理を味わうといい思い出になり、 そのほとんどが健康食卓でもあります! ボリュームたっぷりのゴンドゥレ定食は、江原道のあちこちで食べることができますので、ぜひ一度お試しあれ。 食後は本格的な取材を始めました! まず最初に見た場所は、外国人がいちばん行きたがった 「アルペンシアスキージャンプ台」です! 「英語」と「日本語」、それから「中国語(繁体)」のSNSページで圧倒的な支持を得た場所です。 来年の2018平昌冬季オリンピックでスキージャンプ競技とノルディック競技が行われる予定の場所でもあります。 ジャンプ台の頂上まで急な丘をモノレールで上がりましたが、 たった5分くらい上がっただけなのに、すごく高くてめまいがしました。 モノレールのスペシャルチケットを利用すれば、ジャンプ選手たちが出発の準備をする「ジャンプ台」まで移動し、すぐ近くで見れる という事実! ジャンプ台の高さは約69メートル、海抜850メートルほどだといいます。 (ここからジャンプする選手たちは本当にすごいと思います!) 冬、雪の多い江原道の気候の特性上、雪が積もるのを防ぐために ジャンプ台まで歩く道はこのように金網状になっていました! そのせいか、歩いただけなのに足がガクガクしました... ! 展望台から見下ろした江原道の風景。 ここから見下ろすアルペンシアと江原道の景色は、 やはりとても素晴らしかったです。 今は秋なので緑に覆われていますが、冬季オリンピックが開かれる2月には 雪で白く覆われ、絶景を楽しめると思います。 次の場所は韓国内の観光客に爆発的な支持を得た 広い草原の上を羊が群れる大関嶺の羊の群れ牧場です。 入場券を購入すると、まるまるかわいい羊に餌をやることもでき 直接干し草をやる事もできま~す! 本当においしそうに食べるんですよ。羊との楽しい時間を後に 夕食を食べるために次の目的地である「江陵」へ移動しました〜! 2018平昌冬季オリンピック大会の競技が行われる3つの都市の1つである江陵! 東海岸の浜に位置する江陵は、新鮮なシーフード料理が魅力的です。 大きさも量もものすごいサイズで、開いた口がふさがらない「ヘムルタン」。 外国人観光客には馴染みがないかもしれませんが、東側の海に 遊び行ったら「ヘムルタン」をぜひ食べてみてください。 魚介類から出たスープが天下一品です! また、「中国語(簡体字)」で1位となった「アンモクビーチ」! 美しくライトアップされたカフェ通り。 夜になってもとても美しいところでした。 「アンモクビーチ」の昼と夜、いかがですか?全く感じが違いますね? 美しくライトアップされたカフェが並ぶ「アンモクビーチ」は日没後も本当に美しく、夕方の散歩にちょうどいいコースでした! 2日目の最初のコースは、江陵の「ジャガイモオンシミ」と「ジャガイモ煎」を味わうコースでした! ジャガイモをすって生地を作り、固めた「ジャガイモオンシミ」とパサッと焼いた「ジャガイ煎」のほか、 ジャガイモカルグクスやすいとんなど、様々な料理を味わえます! ジャガイモ好きなら江陵の「ジャガイモオンシミ」をぜひお勧めします! 担当者が積極的にアピールしていた ヨンジンビーチの防波堤! ここはドラマ「鬼」の撮影地としても有名です! 天気がよくても、曇っていても、まあまあでも… ここではすべての時間がとてもよかったです* _ * 特にこの日は、澄んだ空が海と調和した景観に見とれてしまいました! 「鬼」の防波堤から少し下ったところに位置する「ガンムンビーチ」もたくさんの人が訪れる場所です。 ビーチのあちこちにフォトゾーンがあり、家族、友人、恋人たちが思い出を残す場所です! 江原道の江陵に来たなら、海辺に必ず立ち寄ることをお勧めします! 冬の海にもたくさんの人が訪れるんですよ~。 すでに冬季オリンピックの雰囲気が漂うこの地域は、 2018平昌冬季オリンピック・冬季パラリンピック広報館です。 ここでは開催地の平昌、江陵、旌善などの紹介と VR機器と4D上映で冬季スポーツを直接体験できま~す! 広報体験館を訪問したら、開催の成功を祈願する応援メッセージを 残すセンスもお忘れなく! ^^   1泊2日の取材の最後を飾るこの場所は、「江陵宣教場」です。 ここは国が重要民俗文化財第5号に指定しており、 韓国最高の伝統家屋とされれいます! 実際に韓屋ステイに使われており、周囲の景観も美しく 訪れただけでヒーリングされる場所です! 短かい日程でしたが充実した下見ができた平昌の観光地! 2018平昌冬季オリンピック・冬季パラリンピックを 迎えるにあたり、あらかじめ訪問できてとても良かったです。^ _ ^ 冬季オリンピック開催地、冬にはさらに素敵な平昌をぜひお楽しみください〜!
Date : 2017/09/11 | Views : 104